読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

辛いだけのキムチ鍋はごまだれと大根でまる~くマイルドに。

我が家は鍋好きです。

というか鍋料理は

切って入れるだけで楽なので

手抜きができる、美味いで頻繁になるわけで。

冬場は特に寒さ対策もあり。

オヤジが夕飯はご飯食べずに

おかずは酒のアテというのもありますね。

洗い物だって

下ごしらえではまた板、包丁、ざる。

後片付けは鍋とお玉と菜箸

個々のお箸に椀。でしょうか。

 

ご飯もわざわざ炊かなくても

冷凍のものを〆に使えば

美味しくいただけます。

ほんとに手抜きですねぇ。

 

先日まつやさんのとり野菜鍋をご紹介しましたが

今日ははキムチ鍋です。

キムチ鍋といえば当然辛い。

子供さんが苦手とうことで

あまりできない

というご家庭もあるかと思います。

 

そこでお教えしたいのが

【ごましゃぶのたれ】と

【大根】でマイルドなキムチ鍋に変身。

 

キムチだけではなかなかない

まったりとしたコクと甘味がでますよ。

 

f:id:yorihito:20170316233146j:plain

主役はなんと大根です。

5mmくらいの厚さに半月に切った大根。

味しみる?と訊かれるけれど

おでんみたく味が完全に染みてなくても

キムチのスープで大根を食べる感じですね。

大根本来の甘味を楽しめるよう

シャキシャキ感が残るくらいで。

やわらかくなるまで火を入れてしまうと

大根だか何だか食感も味もわからない

ぐだぐだになってしまいます。

冬場の大根は美味しいのに

おでん以外にはあまり使えませんよね。

うちはこのほかにも意外なところでは

クリームシチューでも主役級です。

 

他の具材は白菜・もやし・豆腐・キノコ類

もちろん豚肉はバラスライス。

f:id:yorihito:20170316233223j:plain

調味料はこの3種。

やっぱり出ました【ウエイパー】

 

肉のコクを出すための一手間

f:id:yorihito:20170316233803j:plain

鍋の中でまず豚バラを炒めます。

これをするのとしないのでは

全然違いますね。

f:id:yorihito:20170316233941j:plain

f:id:yorihito:20170316234032j:plain

大根・水を入れて

ウエイパーとごまだれを先に投入

沸騰させることで

ごまだれの酢の酸っぱさを幾分か飛ばします。

あとはキムチの素のほかに

酒とか調味料を使って

良い感じに仕上げていきます。

 

今回は豚肉が少し足りなかったので

これ【水餃子】をぷらす。

f:id:yorihito:20170316234339j:plain

別にシュウマイでも普通の焼く餃子でも

なんでもアリなんですが

たまたま家にあったので。

残り物でスープをよく作るので

この系統はほぼ常備しています。

もちろん味付けはウエイパーです。

 

アクもそこそこで取り

他の具材も全部いれたら

勝手に煮込んでくれるのを待って。

f:id:yorihito:20170316234404j:plain

いただきます。

今日の〆はうどんでした。

 

大根・・いただき物

白菜・・40円

えのき・・40円

豚バラ肉・・350円

もやし・・20円

うどん・・2玉40円

木綿豆腐・・40円

水餃子・・4個

他調味料もいれて

ざっと800円くらいでしょうか。

オヤジと息子、家族3人で

一人当たり270円の夕食でした。